最初は病院へ行こう|通販なら一瞬で買える!レボリューションで健やかな生活を

最初は病院へ行こう

カプセルと錠剤

ペットが実際にフィラリアに感染してしまったら、主にどのような症状が見られるようになるのか?
飼い主としてはちゃんと症状の種類について理解しておきたいところですよね。
そこで今回はフィラリアに感染した際に見られるペットの症状をピックアップしておきましょう。
まず一般的にはフィラリアの数によってその症状の様子が変わってきたりします。

主に病気が進行してくると「咳」が出始めるようになり、さらには散歩を嫌がる傾向が見られたりします。
咳は初期症状としてよく出てくるものなので、咳が頻繁に起こるようになったらかなりフィラリアの可能性が疑われるでしょう。
このタイミングで早々に予防薬を投与できれば一番ベストかと思います。
そして咳以降に出てくる症状については非常に危険な状態だと言っても過言ではありません。
血管まで侵食する直前とも言えるので、すぐにでも薬の投与をしていく必要があるでしょう。
たとえば運動ができなくなったり、血尿が出るようになったり、はたまた失神するようなことが出てきたら危ないです。

ただ実際にフィラリアの治療については主に現在の状況によっても大きく変化してきます。
そのためいきなり薬の投与をすることはまず避けてください。
一旦現在の状況を確認するためにまずは動物病院へ連れて行くこと。
そしてその際の診断結果によって取るべき処置が変わってきます。
万が一自分で勝手に判断してすぐに適当な動物薬を使ってしまうと、今度は死滅したフィラリアが肺の血管に詰まりはじめてしまったりします。

だから症状が見えるようになったなぁと思ったら最初に病院に行くこと。それから薬を投与していきましょう。